原状回復とは

敷金とは本来、賃貸マンションや賃貸アパートを借りるときに、大家に預けておくお金で、入居中に借主が家賃を払えなくなってしまったときや、重大な損害を与えてしまったときの担保金としての意味を持っています。
つまり、トラブルが一切なく賃貸期間を終了すれば、敷金は全額戻ってくるはずです。
しかし、賃貸物件は、退去時に借主が原状回復をしなければいけない義務があります。
そのため、部屋のリフォーム代が敷金から差し引かれて残金が戻ってきます。
この原状回復についてが、賃貸物件ではトラブルになりやすいので注意が必要です。
原状回復とは簡単に説明すると、賃貸主が生活することによって発生した建物価値の減少分を回復する義務があるということです。
しかし、減少分のどこまでを賃貸主が負担しなければいけないのかによって、修繕費用は変わってきます。
トラブルの原因は、この原状回復の解釈の違いにあります。
賃貸物件の借主の故意または過失の場合や、通常の使用を超えるような暮らし方による損耗のなどの場合、損耗分の修繕費用雨は、賃貸人の負担となります。
ところが、国土交通省のガイドラインに記載されていることをみると、壁紙の日焼けや通常使用によるカーペットや畳の磨り減りなどの自然損耗の修繕費は大家が負担するべきだという考え方が、主流となっています。
さらに、経年変化による建物価値の減少分は、借主の敷金から充当されるべきことではなく、毎月の家賃から負担されるべきことです。
退去するときに、トラブルにならないように敷金の返金額を大きくするには、借りる時の最初の契約が重要なポイントです。
例えば、契約書に「退去時には、畳の張替え、室内クリーニングは入居者負担でおこなうこと」というような項目があれば、そのようにしなければいけません。
つまり、契約前に契約書を細かく確認することが大切なのです。
初めて一人暮らしをする人は、どのような物件にするか夢が膨らむものです。
しかし、すべての条件に当てはまる物件は、見つけることはできないでしょう。
ひとり暮らしの部屋探しは、払える家賃と希望条件の妥協点をどこに見つけるかです。
大体の予算が決まれば、インターネットを利用して、希望エリアの相場を見てみるといいでしょう。
さらに、エリアを変えれば、条件は同じなのに家賃が違うことを知ることができます。
ひとり暮らしの部屋を探す場合、条件を少しずつ変えて様々な物件を探すといいでしょう。

話題になっている賃貸について、便利なココでチェック



Copyright (C)2018賃貸物件!借りるときはココに注意.All rights reserved.